ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 411 >>

①ドン!・・・今宿南町Hさん

パーマリンク 2018/02/12 10:00:10 著者: sawayaka メール
カテゴリ: さわやか通信投稿

こんなはずじゃなかったのに・・・
年に一度のお楽しみ、お正月の家族旅行。〇〇温泉目指して車で出発!したまでは良かったけど案の定大渋滞。毎年の事なのである程度は覚悟していたけど、車の中の空気がちょっとイライラし始めた頃、後ろからドン!と・・・オカマを掘られてしまいました。ただでさえ遅れているのに、警察が来るまでそこで足止めを喰らい、更に遅れてイライラMAX。その後、何とか目的地には到着しましたが、癒されに来たのか疲れに来たのか・・・とみんなでボヤキ、トンだ家族旅行になってしまいました。


年末年始は自動車事故が多発しますね。普段から運転しないのにハンドルを握るという人が多くなる。しかも長距離・・・。割を食うのがトラックなど仕事の車。さぞイライラしているのかと思いきや、知り合いのトラックドライバーに聞いてみると、実はそうでもない。もう諦めてるよ・・・との答えが返ってきました。ただ事故だけは勘弁してもらいたいとも言っていましたね。起こしたくて事故を起こす人はいないと思うけど、やっぱり事故が原因の渋滞は堪えるね・・・です。

②よそ見しないで・・・下川井町Sさん

パーマリンク 2018/01/31 15:41:21 著者: sawayaka メール
カテゴリ: さわやか通信投稿

他人の振り見て我が振りを直したこと
歩きスマホは危険とよく言われていますが、ついついやってしまう。先日、私の前を歩いている女性が歩きスマホをしていたのですが、道路わきの側溝に足を踏み外し、転んでしまいました。思わず、大丈夫ですか?と声をかけましたが、痛さと恥ずかしさが入り混じったような表情をしていました。一歩間違えば大怪我をしていたかも知れません。歩きスマホは絶対にしないようにしようと思いました。


駅のホームから転落して大怪我をしたとか、マンホールの蓋が開いているのに気づかず落下したとか・・・。普通では考えられないような事故が起こっています。自動車運転中に操作するのも以前から違反行為でしたが、更に罰則が厳しくなったようです。私は、歩道を歩いていて正面からスマホを操作しながら歩いてくる人がいると、敢えて肩がぶつかる程度にしか進路変更をしません。ぶつかってあげる方が親切だと思っているので・・・(笑)。

①そこに山があるから・・・上白根町Sさん

パーマリンク 2018/01/31 15:02:32 著者: sawayaka メール
カテゴリ: さわやか通信投稿

一年の計は元旦にあり・新年の誓い
今年こそ槍ヶ岳に登る!!です。私にとっては簡単な山ではありませんが、目標の一つです。


私は富士山には2度、頂上まで登ったことがあります。登ってみれば、達成感で感動もあります。もう一度登ってみたいとは思いますが、今の富士山は観光地化してしまい混んでいるから・・・と、何となく二の足を踏んでしまいます。そこへ行くと槍ヶ岳とは、いかにも登山という感じがします。観光気分の素人を寄せ付けない、ある程度の登山経験を積んだ人が登る山・・・というイメージです。登頂成功をお祈りします。

②短気の代償・・・川井本町Kさん

パーマリンク 2018/01/31 14:03:43 著者: sawayaka メール
カテゴリ: さわやか通信投稿

他人の振り見て我が振りを直したこと
私は、腹の虫の居所が悪いと、ついつい物に当たってしまう悪い癖があります。先日、とある施設の駐車場で私の前に停まっていた車が、車内で喧嘩でもしたのか、助手席から降りて来た人が思いっきりの力でドアを閉めると、バーン!という音と共に窓ガラスが粉々に・・・。端で見ていた私も驚きましたが、ドアを閉めた人も車内にいた人も相当驚いたのではないかと思います。短気の代償は高くついたと、後悔先に立たず・・・。私も、物に当たるのは止めようと思いました。物には責任ありませんからね。


どれだけの力を込めてドアを閉めたのか???窓ガラスが割れるなんて事があるのか???もともとヒビが入っていて割れやすくなっていたのか、閉まる時に何か硬い物に当たってしまったのか・・・。走行中じゃなくて、不幸中の幸いだったかも知れませんね、もしかしたら・・・。慌てて閉めて、指を挟んで大怪我・・・とか、後方を確認せず不用意にドアを開けたら、脇をすり抜けて来た2輪車にぶつかった・・・なんていう事故もありますから、自動車のドアの開け閉めは安全、確実に!

②空よりも大きく海よりも深く・・・上白根町Yさん

パーマリンク 2018/01/31 12:49:52 著者: sawayaka メール
カテゴリ: さわやか通信投稿

他人の振り見て我が振りを直したこと
子どもへの愛


自身の子どもを指すのか、はたまた ”世界中の・・・” のように大きく捉えるのかで、その意味は大きく変わってきますね。自分の子どもへの愛ならば、優しさばかりではなく、時に厳しく、必要とあらば手を挙げる事も厭わない・・・。”子どもの貧困” という言葉を耳にするようになって久しいですが、これって子どもには何の責任も無く、身勝手な大人の都合が根本的な原因だったりします。そういった状況下に置かれている子ども達を、衣食住に不自由を強いられることなく勉学にスポーツに勤しむことが出来るようにする事が、日本の将来に繁栄をもたらすと言われています。私達にも無関係ではありません。Yさん、どうか大きな大きな愛を子ども達に。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 411 >>

YC川井都岡がお届けする『さわやか通信』WEB版です。 お客様からの投稿、新聞紙面、販売店からのお知らせ、仕事などを紹介します。

2018年4月
 << <   > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の投稿

XMLフィード

検索

16ブログ     powered by b2evolution free blog software